引越しの料金

引越し料金の仕組みについて


引越し料金は、何にどれくらい掛かるのか判りにくいものがあります。
それぞれの引越しの荷物の量や重さ、移送距離など条件により一件一件違うもののようです。
引越し料金が適正な価格なのか判断するうえで、どのような料金構成になっているのか確認をしてみることも大切です。

引越し料金の算出法は、通常「基礎運賃+実費+サービス料金」で算出されます。
基礎運賃とは国土交通省によって定められ、または届出を必要とする引越し約款によって計算される運賃のことで、法外な料金は無いと思って良いでしょう。

基礎運賃には2種類あり「時間制」と「距離制」に分けられています。
時間制にも「4時間」または「8時間」の基礎時間が設定されており、1時間超過するたびに追加料金が発生する仕組みになっています。

距離制の場合は、基礎距離を100km(軽貨物業者は30km)と設定されており、これを超過するごとに追加料金が発生します。
運搬に使うトラックのサイズや荷物量などによっても値段は大幅に変わります。

実費に含まれるものとしては、作業員の人数・ダンボールなどの資材・有料道路の通行料などが含まれているようです。

サービス料は、エアコンの取り外しや取り付け、ピアノ輸送・不要品の処分などがこれに含まれていますが、詳細は各社によって異なります。

引越し業者が自社で賄えるものに関しては格安料金になるケースが多いのですが、提携業者に委託しなければならないような場合は高額になってしまうこともあるようです。
また内金や手付金などの類の料金を引越し業者が請求することは禁じられているので注意してください。